images (1)
妊娠によって起こる不調の代表でもある腰痛。
対策をしっかり立てておかないと、毎日のストレスになって赤ちゃんにも悪影響になります。
なぜ妊娠すると腰痛になりやすいかを知っておくことで負担を減らし、焦らずに対策できる環境を整えましょう。

主な妊娠中の腰痛の原因

      
  • 体型の変化に伴う腰の筋緊張
  • 妊娠後期でお腹が大きくなると、それだけ体重が増えて負担が多くなります。それを支えられるだけの筋肉が無いと、お腹の大きさに引っ張られて反り腰になったりバランスを崩す方も多くいます。反り腰というだけで腰の筋肉は緊張状態になります。
      

  • 出産に向けてホルモンバランスが変化して起こる腰痛
  • 妊娠から出産まで分泌される、リラキシンというホルモン。出産の準備で骨盤周りの筋肉や靭帯を緩める働きがありますが、現代の日本女性は筋肉量が少ないと言われ緩み過ぎる可能性もあります。不安定に緩んだ骨盤で立ったり座ったり起き上がったりを繰り返せば、腰に負担がかかり辛さが出ます。
     

  • 循環不良による腰痛
  • 妊娠中は赤ちゃんに栄養を届けるためにお腹に血液が集まっていきます。そのため妊娠中は末端などの血行不良が起きる場合があります。もともと血液は筋ポンプ作用という、筋肉の伸び縮みの運動という助けがあってうまく流れます。血行不良の時にお腹が大きいからと動かさなくなると、腰も一緒に運動を制限されるために腰回りの運動不足が起き血行不良から辛さになります。
     

妊娠中に腰痛にならないために

違和感や辛さを感じ始めたら、できれば腰痛になる前のセルフケアが大事です。ストレッチやマタニティヨガで緊張した筋肉を伸ばしリラックスすること、ウォーキングなどの運動でしっかり筋肉を動かし支えられるだけの筋肉の維持をすること、お湯につかり筋肉を温めほぐすことなど、妊娠中でも無理なく続けられるものを選びましょう。
ストレッチなら家族などと一緒にペアストレッチをすると楽に伸ばすことができます。痛すぎず気持ちいいと感じるくらいの力加減で行いましょう。
すでに腰痛だと、痛みからうまく体を伸ばせなかったりウォーキングなどの軽い運動も腰の負担になると赤ちゃんの負担にもなります。自分でやっていてきついな、と感じたら無理せずに体に合った調整を受けてください。

妊娠中の腰の痛みの施術には、カイロプラクティックが大変有効です。

カイロプラクティックでは、妊婦さんやお腹の赤ちゃんに無理のない体勢で施術を行っていきます。
無理な矯正は行わずに、腰の痛みに関連する筋肉の負担をほぐして行きます。
身体全体のバランスを整えていくカイロプラクティックは妊娠中の腰痛に有効です。

妊娠中の骨盤の痛みにはトコちゃんベルトが効果的

妊娠中の骨盤の痛みにはゆるんだ骨盤を安定させるトコちゃんベルトが大変効果的です。
妊娠中で骨盤ケアができない方や産後の子育てで忙しくインナーマッスルを鍛えてる余裕などない方がほとんどだと思います。
そのようなママさんにはトコちゃんベルトで後ろから前に骨盤を支える事で、妊娠中の骨盤の痛みに効果的です。

当院でもトコちゃんベルトの試着・販売を行っています。お気軽にご相談ください。
→マタニティ整体のページへ