妊娠中の骨盤の痛みとは

ninnpu
妊婦さんの約50%~80%が骨盤付近から腰にかけての痛みを経験しているそうです。
妊娠中の骨盤の痛みは妊娠18週頃から始まるのが一般的ですが、8週~12週で始まる事もあり、29週~40週で痛みのピークになります。
痛みは通常産後6ヶ月で治まりますが、慢性化してしまったり、身体に障害が残ってしまうこともあります。
妊婦さんの腰痛は夜間、痛みで寝れなくなる事もあり、

腰痛を経験したことがある女性は妊娠時に再発することが多いと言われています。

早めのケアで骨盤痛、腰痛のケアと予防をしていきましょう。

妊娠中の骨盤の痛みの原因

    • リラキシンという女性ホルモンの働きで骨盤の靭帯が緩むことで起こる骨盤の不安定化
    • 子宮が大きくなる事で、骨盤内のインナーマッスルが引きのばされることで起こる筋肉の弱化
    • 妊娠にともなう、歩行時の姿勢の変化により骨盤の関節にかかる負荷の増加
    • 妊娠にともなう体重の増加により骨盤の関節にかかる負荷の増加

妊娠中の骨盤の痛みの症状、特徴

      • 骨盤、仙腸関節付近の深い位置での鈍痛
      • 足のつけね、ももの後ろ、お尻の痛み
      • 立ったり座ったり、荷物を持ち上げたりする際の骨盤の痛み
      • 横になっていると楽
      • 症状がひどい場合、骨盤に激痛が走る

妊娠中の骨盤の痛みの施術には、カイロプラクティックが大変有効です。

カイロプラクティックでは、妊婦さんやお腹の赤ちゃんに無理のない体勢で施術を行っていきます。
無理な矯正は行わずに、骨盤の痛みに関連する筋肉の負担をほぐして行きます。
身体全体のバランスを整えていくカイロプラクティックは妊娠中の骨盤の痛みに有効です。

妊娠中の骨盤の痛みにはトコちゃんベルトが効果的

妊娠中の骨盤の痛みにはゆるんだ骨盤を安定させるトコちゃんベルトが大変効果的です。
妊娠中で骨盤ケアができない方や産後の子育てで忙しくインナーマッスルを鍛えてる余裕などない方がほとんどだと思います。
そのようなママさんにはトコちゃんベルトで後ろから前に骨盤を支える事で、妊娠中の骨盤の痛みに効果的です。

当院でもトコちゃんベルトの試着・販売を行っています。お気軽にご相談ください。
→マタニティ整体のページへ