産前産後に多い尿漏れとは

images-200x183
尿漏れ(尿失禁)には、切迫性尿失禁、反射性尿失禁、溢流性尿失禁など様々な種類があります。

産前産後に起きる尿失禁の多くは「腹圧性尿失禁」と呼ばれるものです。
産前産後の尿漏れを経験される方は30-40代が最も多いと言われていて、産後女性の約6割の女性が尿漏れを感じているそうです。

産前産後の尿漏れの原因

    •  産前、大きくなった子宮が膀胱を圧迫する
    •  産前、大きくなった子宮が骨盤底筋を伸ばして弱化させる
    •  産後、弱化した骨盤底筋が戻らない
    •  産後、2ケ月以内にきついガードルやコルセットでお腹を圧迫する

骨盤には「骨盤底筋」という筋肉があり骨盤や内臓を支えています。
尿が漏れないように尿道を締めたり、肛門を締めたり緩めたりする役割もあり、骨盤底筋が弱くなってしまうと尿漏れの原因になります。

産前産後の尿漏れになりやすい人

      •  尿道が下がっているなど、構造上に問題がある場合
      •  妊娠前からいきむ感じで尿をする
      •  膣の内側の感染症
      •  やせていてきゃしゃな体型
      •  静脈瘤が出やすい
      •  トイレが近い

産前産後の尿漏れの施術には、カイロプラクティックが大変有効です。
カイロプラクティックでは、妊娠出産で固まった筋肉をストレッチ等でしっかりほぐしていき、骨盤から脊柱のバランスを調べて必要に応じて調整していきます。
骨盤のバランスが整う事で尿漏れの原因となる骨盤底筋のバランスも改善さますので、カイロプラクティックの施術は有効です。

産前産後の尿漏れは骨盤底筋を鍛える事が大切

骨盤底筋は身体の深い部分にあるインナーマッスルです。
産後2ケ月は骨盤や子宮がもとの大きさに戻ろうとしている時で、この時期に強くコルセットなどでしめてしまうとその圧力で自然に子宮や骨盤がもとに戻れず、回復をかえって遅らせてしまいます。
産後2ケ月以降、骨盤底筋を鍛える事が大切ですが、妊娠前から適度な運動を行い骨盤底筋が衰えないようにしましょう。

骨盤底筋の鍛え方など、お悩みがある場合は早めにご相談ください。

尿もれにはトコちゃんベルトが効果的

妊娠中や産後の尿もれや頻尿にはゆるんだ骨盤を安定させるトコちゃんベルトが大変効果的です。
妊娠中で骨盤ケアができない方や産後の子育てで忙しくインナーマッスルを鍛えてる余裕などない方がほとんどだと思います。
そのようなママさんにはトコちゃんベルトで骨盤を安定させ下がった臓器を持ち上げ膀胱や子宮の圧迫を取り除くことで尿もれや頻尿が少なくなります。

当院でもトコちゃんベルトの試着・販売を行っています。お気軽にご相談ください。
→マタニティ整体のページへ