慢性疲労症候群とは

images
慢性疲労症候群はCFSとも、筋痛性脳脊髄炎(ME)とも、ウイルス感染後疲労症候群(PVFS)とも言われていて、原因不明の強い疲労が長時間(6ヶ月以上)続き十分な休息を取っても疲労感が改善しない病気です。
患者は強い疲労感を感じ、重篤な場合は日常生活が困難になる事もあります。
しかし外見上、病的な変化が無く周囲の人からも医師からも理解されづらい病気で、近年メディアなどにも多数取り上げられ問題視されています。

慢性疲労症候群の原因

はっきりとした原因は究明できていませんが、原因として考えられるものは以下になります。

      • 風邪 発熱(インフルエンザ等)
      • ストレス トラウマ
      • 感染症(細菌 真菌 ウイルス)
      • 外傷
      • 化学物質 紫外線 アレルギー
      • 外科手術 出産
      • 遺伝 環境

近年の研究により上記の原因と下記の「身体的な異常」がが重なった時に発症するとして考えられるようになりました。

        • 遺伝子の異常
        • 免疫異常
        • 内分泌系(ホルモン)の異常
        • 脳 神経系の異常

慢性疲労症候群の症状 特徴

長期間の疲労の他に以下のような症状が発症する場合があります。

            • 痛み(筋肉痛 関節痛 頭痛 リンパ節のはり等)
            • 思考力の低下(物忘れ パニック等)
            • アレルギー症状の悪化
            • 体温調節の低下(悪寒 微熱 ほてり等)
            • 睡眠障害(不眠 過眠 睡眠で疲れがとれない等)
            • 精神障害(感情の起伏が激しくなる等)
            • 中枢神経障害(アルコールに弱くなる 筋力低下 視力低下 痙攣等)
            • 全身の症状(動悸 息切れ 不整脈 体重の変化 発疹 朝のこわばり 口内炎等)

慢性疲労症候群は症状の度合いに個人差があります。ひどい場合は介助が必要になることもあります。
医療機関の診断基準ではPS(パフォーマンス ステイタス)値によって疲労度合いを測っていきます。慢性疲労症候群として診断されるのはPS値3以上からです。

              • PS値0 倦怠感がなく日常生活を正常に行える
              • PS値1 通常の社会生活ができるが疲労を感じる事がある
              • PS値2 通常の社会生活ができるが全身倦怠感のためしばしば休息が必要である
              • PS値3 全身倦怠感のため、月に数日は社会生活や労働ができず、自宅にて休息が必要である

以上のように診断基準が設けられていて最高のPS値9になると「身の回りのこともできず、常に介助がいり、終日就床を必要としている。」という状態にまでなってしまう方もいます。

慢性疲労症候群の施術には、カイロプラクティックが大変有効です。
カイロプラクティックでは、心身の乱れから固くなってしまった筋肉をしっかりほぐしていきます。そして骨盤から脊柱にかけてのバランスを整えていきます。自律神経のバランスが整っていき、ストレスの緩和になりますので、カイロプラクティックの施術は慢性疲労症候群に効果的です。

慢性疲労症候群は早めのケアが大切

慢性疲労症候群は休んでも回復しない病気です。
微熱が長く続いていたり、十分な休息をとっても疲れが抜けない時などはカイロプラクティックなどで身体をリラックスさせてあげることで未然に防げる可能性もあります。
普段とは違う体調不良に悩んでいましたら早めにご相談ください。
慢性疲労症候群になってしまったら身体のケアと休養が大切です。