手根管症候群とは

images
手首にある手根管というトンネルの中で「正中神経」が圧迫され、手首の運動に伴い、手のしびれやうまく手が動かない運動機能障害が出たりすることを言います。

手根管症候群の原因

突発性の物が多く、はっきりとした原因は不明です。

 

妊娠・出産期、更年期の女性に多く発症します。ホルモンバランスの乱れによる手のむくみが手根管を圧迫すると症状がおきると言われています。

さらに骨折や仕事、スポーツで手首を酷使する人、透析している人などにも多く発症します。

このように、手首の手根骨という関節の乱れや、手首につながる筋肉の張り、むくみなどが手根管を圧迫することで、以下のような症状が出ます。

手根管症候群の症状、特徴

    • 親指から薬指にかけてのしびれ
    • 進行すると手の筋肉が衰えて力が入りずらくなる
    • 進行すると痛みで睡眠中に目を覚ましてしまう
    • 朝、起床時に症状が強く出る
    • 手首の痛み

手根管症候群の施術には、カイロプラクティックが大変有効です。

カイロプラクティックでは、手根管を圧迫している筋肉をほぐしていきます。

そして、乱れた手根骨の調整などを必要に応じて行っていきます。

さらに、腕、肩、肩甲骨、脊柱のねじれからも手首に負担がかかることがありますので、身体全体のバランスを整えて、手首に負担がかからないように調整していきます。

手根管症候群は安静とケア大切

手根管症候群になってしまったら、カイロプラクティックで身体をケアしてあげることが良いです。

そして、出来るだけ手首に負担がかからないようにすることが大切です。

さらに女性ホルモンの影響で手根管症候群になってしまっている場合はビタミンB12が不足している場合があります。ビタミンB12が不足すると抹消神経の伝達が悪くなる事があるので、手のしびれ、手首の痛みなどが起きやすくなる場合があります。

B12が多く含まれている食材は主に「貝類」です。

突然しびれたり痛むことが多い症状かと思いますが、しっかりケアして改善していきましょう。