胸郭出口症候群とは

imgres
「腕神経叢」と「鎖骨下動脈」「鎖骨下静脈」 が「胸郭出口」付近で「鎖骨」「第一肋骨」や「前斜角筋」「中斜角筋」「小胸筋」に圧迫、牽引されることで起きる症状の事を言います。

胸郭出口症候群の原因

胸郭出口症候群には原因によってそれぞれの名称があります。代表的なものは次の4つです。

    • 肋鎖症候群:鎖骨と第一肋骨の間で、神経や血管が圧迫されている状態
    • 斜角筋症候群:首の斜角筋という筋肉を神経や血管が通り抜けるところで圧迫されている状態
    • 小胸筋症候群:小胸筋という筋肉の下で神経や血管が圧迫されている状態
    • 頚肋症候群:第一肋骨の上へ頸椎から異常な骨が出てきて、それが原因となって圧迫されている状態

これらの原因は猫背のような「なで肩」や一見姿勢の良い「いかり肩」の女性に多く発症すると言われています。

しかし、男性にも多く症状を抱えている方はいます。力仕事や腕を常に挙げていなければいけない方、格闘技などで筋肉を鍛えている方、特に首や胸の筋肉を鍛えている方にも発症しやすいと言われています。

胸郭出口症候群の症状、特徴

    • 手、腕のしびれ
    • 肩のこり、痛み
    • 胸部の痛み
    • 熱感、冷え
    • 脱力感 (力が入らずに洗濯物が干しづらい等)
    • 手の血色が青白い

等の症状が特徴です。

※場合により、頭痛やめまいを伴う事もあります。

胸郭出口症候群の施術には、カイロプラクティックが大変有効です。

カイロプラクティックでは、神経や血管を圧迫している可能性のある筋肉ほぐして症状の緩和をしていきます。

さらに、姿勢が大きな原因になってきますので、骨盤から背骨のバランスを整えて良い姿勢を保てるようにして根本的な改善を目指していきます。

胸郭出口症候群はバランスが大切

胸郭出口症候群は良い姿勢を保つこと、肩や首周りの筋肉に負担をかけすぎない事が大切です。

肩や首周りの筋肉に負担がかかるお仕事をされている方は早めにケアをすることをオススメします。