肘部管症候群とは

Fotolia_34057539_XS
「尺骨神経」が肘の内側で圧迫されてしまう病気です。

尺骨神経は肘の「内側上顆」を通り、その先にある「肘部管」という狭いトンネルを通り

手の方に伸びています。

肘部管症候群はこの肘部管の中が狭くなり、

尺骨神経を慢性的に圧迫や引き伸ばしを受けることで起こります。

肘部管症候群の原因

デスクワークなどでPCをよく使う仕事、大工作業のような力仕事や、野球等の肘に負担のかかるスポーツ等で肘関節を酷使した結果、肘関節周辺の筋肉の緊張が生じて肘部管症候群を発症するケース。

過去に肘を骨折した経験を持っていて、その後遺症から肘の変形が起こり発症するケース。

※上記以外の理由で、長年肘を酷使することで関節に変形が起きて発症する場合もあります。

肘部管症候群の症状、特徴

  • 小指、薬指側のしびれ
  • 神経の圧迫が強くなってくると、指全体のしびれ
  • 手のひらの筋肉がやせてくる
  • 親指と人差し指で物をつまむ動作が弱くなる
  • お箸が使いづらい
  • 握力の低下
  • 「かぎ爪指」という独特な指の変形が起こる

個人差はありますが、以上のような症状と特徴があります。

肘部管症候群の施術には、カイロプラクティックが大変有効です。

カイロプラクティックでは、肘関節周辺の屈筋群をほぐして尺骨神経の圧迫を軽減していきます。そして、肘関節の動きが良くない場合は関節が正常に動くように調整していきます。

さらに、肩甲骨、脊柱のバランスを整える事で、肘のねじれを除いて負担のかからない状態にしていきます。

肘関節周辺の筋肉に緊張が起きてしまっている場合、カイロプラクティックの施術は有効です。

肘部管症候群は疲れをため過ぎない事が大切

仕事などでたまった腕や手の疲れをそのままにしてしまうと、肘部管症候群を発症してしまうかもしれません。

疲労を感じたら、手を休ませる事も大切です。