ばね指とは

images
「弾発指」とも言われ、初期の段階では「腱鞘炎」の症状から始まります。腱鞘炎になると「腱」が肥大して動きがスムーズでなくなってしまいます。

すると、指を曲げて伸ばす時に引っ掛かりを感じ、指を完全に伸ばす時にビーンとばねのように一気に伸びます。腱や腱鞘に炎症が起きていますので、指がビーンと伸びきった時に痛みを感じます。

ばね指の原因

指を酷使する事が発症の原因となります。

    • 40代~50代の女性に発症しやすい ※男性でも発症します。
    • 家事などで指を良く使う
    • 仕事で指を良く使う
    • 腕の筋肉が固い
    • 慢性的な肩こり

個人差はありますが、以上の特徴がある方はばね指になりやすいと言われています。

ばね指の症状

      • 指先が動かしにくい
      • 指の曲げ伸ばしがぎこちない
      • 指の曲げ伸ばしで痛みが出る
      • 指先にしびれがある
      • 握力が弱くなった

等の症状や特徴があります。

ばね指の施術には、カイロプラクティックが大変有効です。

基本的にばね指の治療にはステロイド(副腎皮質ホルモン)注射や外科的な手術が行われるようです。

カイロプラクティックでは、ばね指が発症している指の筋肉に対してはクリームなどを使い優しくほぐしていきます。炎症の起きている可能性のある手首や指の筋肉は強くほぐさないように施術を行っていきます。

指を動かす筋肉は前腕から伸びてきますので、前腕の筋肉が固くなっている事が多いです。この固くなった筋肉をしっかりほぐして指の腱や腱鞘にかかる負担を減らしていきます。

腕の筋肉は肩の関節や筋肉の影響を受けます。凝り固まった肩の筋肉をほぐしていき、肩甲骨の動きをしっかりつけていきます。

さらに、頸椎~骨盤まで診ていき身体全体のバランスを整えます。

必要であればテーピングで指がまがらないように固定して負担がかからないようにしていきます。

ばね指の注意点

間違ったケアをすると余計に症状が悪化してしまったり、治るのが遅くなってしまったりします。できるだけ行わないようにしましょう。

  • ご自身で手や指をマッサージする
  • 指の関節をストレッチする
  • 手を強く握る