リウマチ性股関節症とは

riumati
関節リウマチによって発症する股関節の病気です。
関節リウマチとは自己免疫が関節を侵してしまい、足の場合は股関節痛や関節の変形を起こしてしまう、炎症性自己免疫疾患です。
特に女性に発症しやすく、ひどい場合は手術を行わなければならなくなります。
早期に発見し投薬などで治療する事が有効です。

リウマチ性股関節症の原因

リウマチ性股関節症のはっきりとした原因はまだ解明されていませんが、発症しやすい要因は以下になります。

    • 家族に発症者がいる遺伝的な要因
    • 環境の変化やストレス等による要因
    • タバコを吸う事で口腔内細菌や腸内細菌のバランスの崩れによる要因
    • 遺伝的な要因とスローウイルスの感染が引き金になる場合

リウマチ性股関節症の症状

      • 関節の腫れや痛み、発熱
      • 朝のこわばり

全身の症状として

    • 疲労
    • 脱力感
    • 食欲減退

リウマチ性股関節症の進行

リウマチ性股関節症は徐々に進行していく病気です。

    • 早期 X線検査等で軟骨の破壊は見られないが、骨膜が増殖している状態
    • 中期 X線検査等で軽度の軟骨破壊を伴い関節の隙間が狭くなっている
    • 進行期 X線検査等で軟骨や骨の破壊が見られる。関節変形や強度の筋委縮が起こる
    • 末期 軟骨や骨の破壊が進み関節が動かなくなってしまった状態

リウマチ性股関節症の治療

    • 薬物療法 早期の段階であれば症状の改善が期待できるようです。
    • 手術療法 薬物療法で症状を抑えられなかった場合に行われるようです。
    • リハビリテーション 発症初期の段階から行われ、関節の可動域をひろげるような運動をしたり、筋肉のこわばりをとっていきます。