腰椎椎間板ヘルニアとは

腰痛
腰椎=「腰の骨」、椎間板=「骨と骨の間のクッションのような役割の軟骨」、ヘルニア=「飛び出すという意味」になります。
腰椎のヘルニアとは椎間板の中身(ゼリー状の髄核というもの)が飛び出してしまうことを言います。
飛び出した髄核が腰部の脊髄からなる神経根を圧迫し炎症が起きることにより腰に痛みがでたり、脚にしびれが出てくる事があります。
飛び出した髄核はレントゲンにも写ります。
椎間板は若い時ほどヘルニアになりやすく20~30代に発症者が多いようです。

腰椎椎間板ヘルニアは同時に「坐骨神経痛」を併発することがあります。
「坐骨神経痛」は坐骨神経がなんらかの原因で刺激され、腰から足にかけて痛みやしびれが出る症状の事をいいます。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

    • 腰の痛み(靴を履くのが辛い 顔を洗うのが辛い)
    • 足のしびれ
    • 足の感覚が鈍くなる(足を触られても薄皮一枚挟んであるかのような感覚)
    • 足の筋力の低下(たいしたことのない段差でもつまずいてしまう)

以上のような症状が代表的です。

発症から時間が経過しても、ヘルニア(飛び出している)状態は変わらずに残ってしまうのですが、痛みや炎症は徐々に引いていきます。ヘルニアを発症してからそのまま放置しておくと、慢性的な腰痛になる可能性があります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

    • 姿勢が悪いことで椎間板が圧迫されてしまう
    • 仕事やスポーツの態勢で椎間板を圧迫してしまう
    • 事故などで転倒して尻もちをついてしまう
    • 腰に負担のかかる動作を繰り返し行う
    • ストレス、睡眠不足、過労などによる疲れがたまっている

以上のような原因に当てはまる方は椎間板ヘルニアを発症しやすいので注意が必要です。

腰椎椎間板ヘルニアの施術には、カイロプラクティックが大変有効です。
カイロプラクティックでは急性期で腰の筋肉に炎症が起きてしまっているときはアイシングで冷やします。患部と関連する筋肉をほぐしていき、負担を減らしていきます。
慢性期になっていましたら、固くなっている筋肉をしっかりほぐしていき、坐骨神経痛の原因になる臀部の筋肉や下肢の筋肉もストレッチなどを取り入れながらほぐしていきます。
腰痛や坐骨神経痛で痛みを我慢していると身体の全体的なバランスも乱れていきますので、骨盤から脊柱にかけて調べていき必要に応じて矯正をしてヘルニアが原因で起きる腰痛などの症状を緩和していきます。

腰椎椎間板ヘルニアは安静と運動が大切

急性期は無理に運動すると痛みが悪化してしまう場合もありますので、安静にして痛みが引くのを待つのが良いでしょう。
症状が引いてきて、痛みが慢性化して来ましたら、筋肉を柔らかくすることと、適度な運動で筋肉を衰えないようにしましょう。
水中ウォーキングなど、身体に負担にならない程度の運動が良いです。
20代~30代で腰椎椎間板ヘルニアの発症率は20代で約22%、30代は約29%程度だそうです。誰にでも起こりうる症状です。

発症しないように気を付けることはもちろんですが、発症後のケアと腰痛予防が大事になりますので早めにご相談ください。