半月板損傷とは

hiza
半月板は膝の内部の内側と外側に1枚ずつあります。膝の動きをスムーズにしたり、ジャンプの着地した時の衝撃を和らげるクッションの役割もしています。
スポーツなどで膝をひねった時に損傷する事が多い部位です。

半月板損傷の原因

ほとんどのスポーツの場面で受傷原因があります。

    • サッカーやバスケットボール等で着地と同時に切り返して動く時
    • ラグビーやレスリング等でタックルをされた時
    • マラソンやランニング、水泳等で徐々に摩耗する場合

※半月板は単独で損傷するより、前十字靭帯や内側側副靭帯の損傷を併発しやすく関節軟骨の損傷を伴うこともあります。
逆に前十字靭帯損傷の後遺症で半月板損傷を併発することもあります。

半月板損傷の症状

      • 膝の疼痛
      • 引っかかるような動き
      • 膝が伸びきらない
      • 痛みで歩けない
      • 膝を押すと痛い
      • 慢性化すると水や血がたまる
      • 骨を変形させる(変形性膝関節症)

半月板損傷の治療

ほとんどの場合は保存療法で対処します。

      • 装具やテーピングで補強補助
      • リハビリ
      • 関節液の吸引
      • ステロイド剤(消炎効果)
      • ヒアルロン酸注入
      • 物理療法

※症状が重たい場合は手術により半月板を切除したり、縫合する場合もあります。

半月板損傷の施術には、カイロプラクティックが有効です。

カイロプラクティックでは、損傷に伴って緊張してしまっている筋肉をストレッチなどでほぐしていきます。脊柱や骨盤のバランスを整えて膝にかかる負担を軽くして症状の進行を予防し改善に向かっていけるようにしていきます。

骨格の調整では損傷を元に戻すことはできませんが、膝にかかる負担を減らしていき改善へ向かわせるという点で有効です。

半月板損傷は筋力を衰えさせない事が大切

半月板損傷は筋肉が弱ってしまうと余計に症状が悪化してしまいます。膝が動かせるようであればプールなどでウォーキングをするなど足の筋肉を衰えさせないようにしましょう。

半月板損傷になってしまったら早めのケアと運動が大切です。