膝蓋骨脱臼とは

hizajinntai
膝蓋骨(膝のお皿)が正常な位置からはずれてしまう事をいいます。
思春期の女子に多く、ほとんどの場合外側に脱臼します。
脱臼してから病院に着く頃には正常な位置に戻っていることが多いそうです。

膝蓋骨脱臼の原因

    • スポーツなどでジャンプの着地時
    • 膝がピンと伸びた状態で脚をねじられる
    • 先天的に脱臼しやすい状態
    • 打撲

膝蓋骨脱臼の症状

      • 膝の激痛
      • 膝の腫れ
      • 血腫
      • 歩行障害
      • 膝の可動制限

膝蓋骨脱臼の治療

        • 病院についた時、脱臼が戻っていなければ脱臼を元に戻す
        • 軟骨や骨の損傷がある場合は手術
        • 手術の必要が無い場合は装具などでサポート
        • 痛みや腫れが治まったら徐々に体重をかけていく

膝蓋骨脱臼のリハビリ 再脱臼の予防

膝蓋骨脱臼を経験すると、20-50%の患者が再脱臼するそうです。
再脱臼はなくても、膝の不安定感や痛みが残る場合が多いのでリハビリやその後のケアが大切になります。

        • 中臀筋
        • 外旋筋
        • 大腿四頭筋(内側広筋)

上記の筋肉をトレーニングし硬くならないようにストレッチすることが大切です。
立ち方は内股にならないように注意して、再脱臼の予防をしましょう。
膝蓋骨脱臼の施術には、カイロプラクティックが有効です。

カイロプラクティックでは、膝蓋骨脱臼の影響で固くなってしまった筋肉をほぐしていきます。特に「中臀筋」「外旋筋」「大腿四頭筋」の柔軟性が回復するようにストレッチ等で無理なくほぐしていきます。
脱臼した膝蓋骨を戻す事はできませんが、怪我の後、スポーツ復帰を早めるためにリハビリと並行してカイロプラクティックを受けることは有効です。