膝靭帯損傷とは

hizajinntai
膝には、関節の外側、内側、中心にそれぞれ「外側側副靭帯」「内側側副靭帯」「前十字靭帯」「後十字靭帯」の計4本の靭帯が通っています。
靭帯には関節が不安定にならないように固定する役割があります。

膝の靭帯に大きな負担や衝撃が加わった時に部分的に、もしくは完全に切れてしまう事を「膝靭帯損傷」と言います。

膝靭帯損傷の原因

膝靭帯損傷の原因は大きく分けて2つあります。人や物とぶつかって損傷する「接触型」と急な方向転換などで膝を急にねじった際に損傷する「非接触型」です。

    • サッカーのスライディングでの接触
    • ラグビーのタックルでの接触
    • バスケットボールでジャンプから着地時
    • 急停止や急な方向転換時

など、様々なスポーツで損傷する可能性があります。

膝靭帯損傷の症状

    • 膝を強打した時、ねじった時に激痛が走った
    • 膝がグラグラしている感じがある
    • 歩いている時に膝がカクンと抜ける感じがある
    • スポーツ等で膝をひねった時に「ブチッ」「ボキッ」などの音がした
    • 合併症として半月板損傷を併発する事もあります

膝靭帯損傷の治療

医療機関での治療では、靭帯の損傷が軽度である場合はギプスやサポーターなどで固定して安静にしていればほぼ治ります。
靭帯が完全に断裂していたり、複数の靭帯が損傷している場合には手術が必要になります。
保存療法では膝の不安定さがなくならず、日常生活や仕事に支障がある場合は手術療法をおこなうようです。

膝靭帯損傷の施術には、カイロプラクティックが有効です。

カイロプラクティックでは、損傷に伴って緊張してしまっている筋肉をストレッチなどでほぐしていきます。脊柱や骨盤のバランスを整えて膝にかかる負担を軽くして症状の進行を予防し改善に向かっていけるようにしていきます。

骨格の調整では損傷を元に戻すことはできませんが、膝にかかる負担を減らしていき改善へ向かわせるという点で有効です。

膝靭帯損傷は筋力を衰えさせない事が大切

膝靭帯損傷は筋肉が弱ってしまうと余計に症状が悪化してしまいます。膝が動かせるようであればプールなどでウォーキングをするなど足の筋肉を衰えさせないようにしましょう。

膝靭帯損傷になってしまったら早めのケアと運動が大切です。