むずむず脚症候群とは

images
むずむず脚症候群は通称RLSと呼ばれ、レストレスレッグス症候群、下肢静止不能症候群とも呼ばれています。
脚に虫が這う様な感覚が走る症状で、個人差はありますが、夕方~夜間にかけて脚をじっと止めておくのが辛くなってしまいます。
脚のむずむず感で夜が眠れず、昼間に眠くなる状態や、不眠症になってしまう事もあります。
さらに不眠症からうつ病を発症してしまうケースもあり、問題視されている症状の一つです。

日本では人口の2~5%、約200万人~500万人が苦しんでいると言われています。
少ない人数ではないので、症状に心当たりがある場合は早めにケアをしましょう。

むずむず脚症候群の症状

    • 脚がむずむずとかゆい
    • 脚をじっと止めていられない
    • 脚が針で刺されたように痛い
    • 日中歩いている間は症状が気にならない
    • 夜脚がむずむずして眠れない

患者さんは様々な症状を訴えますが、「脚の中をかき回したい」と言う方もいるほど症状の辛さを伺えます。

むずむず脚症候群の原因

むずむず脚症候群の原因は解明されていません。
むずむず脚症候群を発症しやすい状況は以下になります。

    • 神経伝達物質ドーパミンの機能低下
    • 鉄分不足
    • 腎不全で人工透析を受けている
    • 脊髄や末梢神経の異常
    • 妊娠
    • 遺伝

むずむず脚症候群の施術には、カイロプラクティックが大変有効です。
カイロプラクティックでは、こわばった下肢の筋肉をストレッチ等でしっかりほぐしていきます。
さらに骨盤から脊柱のバランスを整えていく事で全身がリラックスします。
ドーパミンの働きは身体がリラックスした時に活発になりますので、カイロプラクティックの施術は有効です。

むずむず脚症候群は運動と食事が大切

適度な運動は神経伝達を正常に戻すのに役立ちます。
脚の症状がひどい場合や睡眠不足で疲れている時は非常に軽い運動で大丈夫です。
家の周りを散歩するなど少し身体を動かしましょう。
食事の面では、カフェインやアルコールを多く含んだ飲食物は避けるようにしましょう。
正常な睡眠の妨げとなり治癒を遅らせてしまいます。
喫煙も控えた方がよいです。
生活習慣を見直してストレスをため込まないようにすることが改善の近道です。
むずむず脚症候群になってしまったら身体のケアと休養が大切です。