足底筋膜炎とは

images
足底筋膜炎、足底腱膜炎とも呼ばれています。足の指の付け根からかかとまで張っている腱組織、足底筋膜(足底腱膜)に炎症が起きて小さな断裂が起きる病気です。

踵の骨の周りに痛みが出ることが多く、主に40~50歳以上で発症しやすいですが、若い年代でもスポーツ等の負担により発症します。
特にマラソン、サッカー、野球などのスポーツは足裏にかかる負担が多いので、足底筋膜炎の為に引退にまで至ってしまった選手もいます。

足底筋膜炎の症状 特徴

    • 動きだしなど始めの一歩目が痛い
    • 歩く、走ると足の裏やかかとが痛くなってくる
    • 足が地面に着く瞬間や離れる瞬間が痛い
    • ずっと立ちっぱなしでいると痛くなってくる
    • 足の裏がしびれてくる感覚がある
    • 常に足の裏や指の付け根に違和感を感じる
    • 足の裏を押すと痛みが出る場所がある

以上のような症状が複数当てはまる方も、一つでも当てはまる方も足底筋膜炎の可能性があります。

足底筋膜炎の原因

      • 仕事やスポーツ等で足の疲労が蓄積してしまっている
      • 足の筋肉(足裏~ふくらはぎ)が弱ってしまっている
      • 事故等ですごい衝撃が足裏にかかった

以上のような原因で足裏(足底筋膜)が非常に硬くなってしまうことで、本来柔軟性に富んでいる足底筋膜に損傷が起きてしまって痛みが出ます。

足底筋膜炎を患ったスポーツ選手

    • 有森裕子選手 マラソン選手
    • 浜口京子選手 女子レスリング
    • 和田毅選手 プロ野球投手
    • 大平美樹選手 マラソン選手
    • 加納由理選手 マラソン選手
    • 松岡理恵選手 マラソン選手

やはり、足裏に長時間負担がかかるマラソン選手に発症が多いようです。

足底筋膜炎の施術には、カイロプラクティックが大変有効です。
カイロプラクティックでは、まず痛めてまもなく炎症がひどい場合(急性期)はアイシングで冷やしていき、必要であれば靴に入れるクッションのアドバイスなどをして、痛みを抑えて生活できるようにしていきます。

痛みが慢性化してきますと足裏の筋膜が非常に硬くなっていますので(慢性期)、まずは足裏の筋膜をしっかりほぐしていきます。
筋膜がゆるみましたら、足関節、膝関節、股関節、骨盤のバランスを調べて調整が必要であれば行い、全体的な脊柱のバランスも整えて足にかかる負担を軽減していきます。

足裏は身体全体を支えていますので、全身のバランスを整えるカイロプラクティックは有効です。

足底筋膜炎は安静が大切

スポーツをされて発症してしまった場合、スポーツを一時的に中止するか軽い運動にメニューを切り替える事が大事です。

普段よく歩く仕事や立ち仕事の方も同様にできるだけ負担を減らすことが大事で、仕事が終わったら家でゆっくりなさってください。

疲労を取り除いていくという面でお風呂にしっかり使ってリラックスする事も改善に向かうコツです。

※普段、運動不足などで足の筋肉が弱っている状態で急にランニングやゴルフなどをした場合も発症しやすいようです。痛みが引いてきましたら、再発を予防するために日常で身体を動かすようにしましょう。

足底筋膜炎になってしまったら身体のケアと休養が大切です。