オスグッド病とは

オスグッド病とは「オスグット」とも「オスグッド・シュラッダー病」とも呼ばれ、

「膝の脛骨」がでっぱって、膝や膝裏が痛む症状の事を言います。yjimage

オスグッド病の原因

10-15歳の発育期に多く発症し、様々なスポーツでジャンプや屈伸運動を行うことで大きな衝撃が膝(脛骨)にかかり、脛骨粗面付近に炎症が起きます。

発症しやすいスポーツとして、サッカー、バスケットボール、テニス、野球、バレーボール、陸上競技などがあげられます。

オスグッド病の症状

  • 膝の下(お皿の下あたり)の骨がポッコリ膨らんでいる
  • 押すと痛い
  • 走ったり、ジャンプしたり、屈伸運動すると痛い
  • 正座をするとお皿のあたりが痛い
  • 階段の昇り降りが痛い
  • あぐらが痛い
  • 自転車をこぐと痛い

等の症状がある場合は注意が必要です。

※オスグッド病は外見に大きな変化が無いため、本人の感じる痛みが周りの人に伝わりずらいという特徴もあります。

オスグッド病の施術には、カイロプラクティックが大変有効です。

カイロプラクティックでは、大腿四頭筋のストレッチ等で膝にかかる負担を軽減し、骨格調整で身体全体のバランスを整えて痛みのある膝の負担を軽くしていきます。

このような治療は、オスグッド病で膝に痛みがある時にも有効です。

オスグッド病は安静が大切

オスグッド病は成長痛と症状が似ており、成長痛の場合は時期が過ぎれば自然と痛みが引いていきます。

オスグッド病の場合は炎症が起きてしまっているため、スポーツ等、膝に負担のかかる運動を一時的に中止し休養する事が、早く完治するコツです。

オスグッド病になってしまったら身体のケアと休養が大切です。