ジャンパー膝とは

jump
主に10代の男性でバスケットやバレーボール、サッカーなどのスポーツで発症しやすく、
ジャンプ着地動作の多いスポーツで起こる膝のスポーツ障害です。
「膝蓋腱炎」、「膝蓋靭帯炎」とも呼ばれます。

 

ジャンパー膝の原因

  • 大腿四頭筋の筋力低下
  • 大腿四頭筋の柔軟性低下
  • 成長期、骨の成長に筋肉が追い付かない
  • オーバーユース
  • 膝が内側に入りつま先が外を向く立ち姿勢

ジャンパー膝の症状

膝蓋骨周辺に痛みが発生します。痛みは段階を踏んで重症度で評価されますので、痛み方で対処法も変わってきます。

ジャンパー膝の治療

  • 運動後に痛みが出る場合は、大腿前面のストレッチ、アイシング、サポーターで膝を補助します
  • 運動中、後に痛む場合は、ジャンプ動作を止め、股関節、膝の運動療法、アイシングを行います
  • 運動に支障が出る痛みは、運動を一時休止し、ストレッチで筋肉バランスを整え、痛みがおさまった所で少しづつ運動再開します
  • 膝蓋腱が断裂している場合は手術を行います

ジャンパー膝の施術には、カイロプラクティックが有効です。

カイロプラクティックでは、重症度が軽度の場合、ジャンパーの原因となる「大腿四頭筋」の緊張してしまっている部位をストレッチなどでほぐしていきます。
さらに脊柱や骨盤のバランスを整えて膝にかかる負担を軽くして膝の負担をを軽減して改善に向かっていけるようにしていきます。
炎症が強い場合はアイシング等を行い、様子を見ながら施術を行っていきます。

ジャンパー膝の予防には日々のストレッチが大切

ジャンパー膝を発症してしまう選手は大腿四頭筋が固くなっていることが多いようです。
運動後はしっかりストレッチを行い、疲労による筋肉の固さを取り除いていきましょう。
ジャンパー膝になってしまったら安静にする事が大切です。