ランナー膝とは

images
ランナー膝とはランニングによる膝の痛みなど膝周辺の障害の総称です。

マラソンランナーなどのスポーツ選手がかかりやすいランナー膝は別名「腸脛靭帯炎」と呼ばれ、膝の外側にある靭帯が運動で摩擦を繰り返し起こすことで炎症をおこし痛みが出ます。

屈伸運動を繰り返すことが主な原因ですが、長距離ランナーが最も発症しやすいと言われていて、そのほかにバスケットボール、水泳、自転車、エアロビクス、バレエ、ダンス、登山などのスポーツをされる方も発症しやすいです。

ランナー膝の原因

    • オーバーユース(過剰なランニング時間と距離、膝の使いすぎ)
    • 柔軟性不足(ウォームアップ不足)
    • 休養不足
    • 硬い路面や下り坂でのランニング
    • 硬いランニングシューズ
    • О脚(内反膝)の方
    • 変形性膝関節症の方

個人差はありますが以上のような原因でランナー膝が発症しやすくなります。

ランナー膝の症状 特徴

        • 膝の外側に痛みを感じる(走っているとき、走り終えた時、患部を指で押した時等)
        • 膝の外側がきしむような違和感、緊張がある
        • ランニング後に痛みが現れ、休むとおさまる
        • 症状がひどくなると痛みがおさまらなくなってくる
        • 痛みで膝の曲げ伸ばしが困難になる
        • 膝を伸ばしたままでないと歩くのが辛い
        • 膝を曲げた状態から伸ばした時に痛みが発生する
        • ランニングでは地面を蹴った時に痛みが発生する

ランナー膝の施術には、カイロプラクティックが大変有効です。

カイロプラクティックでは症状が軽度である場合、腸脛靭帯(ふとももの外側)や膝に関連する筋肉をストレッチなどでほぐしていきます。さらに股関節や骨盤、脊柱といった全体のバランスをチェックして整えていきます。膝が早く回復するようにサポートしていきます。

しかし、重症な状態まで進行していますと、患部はひどく炎症していますのでアイシングなどで冷やしていきます。さらに運動は一時的に完全に休止していただき膝が回復するまで安静にするのが一番になります。

長くスポーツを楽しむ為にも、膝に違和感を感じたらご相談ください。

ランナー膝かなと思ったら、無理をせずに休養を取ることが大切です。