脛(スネ)の痛み

運動を始めたばかりの方やハードなトレーニングを積んでいる方

  • 押すと痛みがある
  • 運動始めと終わりで痛みが強い
  • 走る、ジャンプ等の動作で痛みが出る
  • 激しい痛みより鈍く重い痛みを感じる

など上記の痛みを感じていませんか? それはもしかするとシンスプリントかもしれません。

シンスプリントとは

runner

シンスプリント【脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)】とは、下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生する症状。骨折した時のような激しい痛みではなく、鈍痛なのが特徴です。

またこの症状はランナーやバレエダンサーなど地面を蹴るスポーツをする方に多いですが

基本的に体を動かすどの運動においても、十分な筋力の整っていないうちからいきなり激しい運動をした際に起こりやすいことから初心者病といわれる事もあります。

どのような症状がでるのか

前述の症状以外にも

 

  • 運動を始めると痛くなり、体が温まってくると痛みが和らぐが、運動が終わると痛む
  • 筋肉痛のような痛みも感じる

 

 

このような初期症状をガマンし続けると立ったり歩いたりするだけで痛みが出たり、

安静にしていても痛みを感じたり、疲労骨折につながる可能性もあります。

なぜなってしまうのか

シンスプリントは、骨膜(骨の周りを覆っている膜)に炎症が起こっているからだと言われています。

走る、ジャンプ等の動作のたびに筋肉が収縮して、骨膜がひっぱられます。

部活やスポーツの練習で何度も繰り返すし骨膜がひっぱられると負担がかかり、炎症が起こってくるのです。

普段の姿勢、はいている靴、練習の環境や方法、ケアの不足なども原因になります。

カイロプラクティックでは

ほぐしカイロプラクティックでは筋肉の状態や関節の動きなど

多方面から痛みの原因を探り施術していきますので大変有効です。

また痛みが抜けた後にはバランス面からの調整や

ストレッチ指導などをして再発防止に努めていきます。