肩こり対策の基礎知識

・なぜみんな肩こりに悩まされるのか?
・どうすれば肩こりはなくなるのか?

初歩的な、肩こりについての知識を見ていきます。

〇肩こりって何?

メジャーな不定愁訴の肩こりですが、なぜ多くの人が悩むかの一つの原因として、
「みんなが使ってる【肩】って言葉がふわっとしている!」
ってことが関係しています。

・首から腕の間のライン?
・肩関節の周囲?
・肩甲骨まで肩っていう人も?

英語で肩と訳される「ショルダー」は肩の関節部を指しているようです。日本だと、肩井(首から腕の間のライン)とか首とか、腕とか肩甲骨とか、もちろん肩関節の不調を「肩こり」と表現することが多く、そりゃこれに悩む人が多くなるよね!ということになります。

なんで?と思うのが自然でしょうが、【肩だけに独立した筋肉がない】ことが原因になるのかと思います。
肩から首、肩から腕、肩から背中。こんな風に、肩は周囲とのつながりで形成された部位ということです。

〇動作で確認しよう!

肩こり解消の第一歩は、どこの疲労から肩こりを感じているかをチェックすることです。上記理由から、肩だけが疲労していることはありません。

・肩だけを上下させた時
・腕を持ち上げる時
・上下左右の首の動作時
・肩甲骨を寄せる様な動作時

1⃣肩を上下に動かそうとしたときに重だるさがあれば、普段から肩が力んで持ち上がっている可能性があります。
ゆっくり大きく息を吸って肩を限界まで持ち上げましょう。プルプルするくらい力んでもらって、そこからふーっと息を吐きながらストンと一気に肩を落としましょう。何度かやれば、肩のもともとの位置に落ち着きます。

2⃣腕を持ち上げるときに重だるさがあれば、肩関節周囲の疲労がありそうです。
伸びをして腕のストレッチを入れたり、上下しないよう反対側の手で肩を抑えながら腕を回すと関節周囲の筋肉だけを動かせます。

3⃣首の動きに関して肩の疲労を感じるとき
首肩の筋肉には、後頭部に付着しているものが多いです。軽く上を向いて後頭部を親指で持ち上げるように押していくと気持ちいいです。姿勢をよくしてから、ゆっくり大きめに首を回すのもおすすめです。急にやるとクラっとする人もいるので、ゆっくりが大事です。

4⃣肩甲骨を寄せにくい
肩甲骨を動かし胸を開くようにできなければ、背中が固まっているかも。両手を肩に当てて肘で大きな円を描くように肩を回しましょう。耳の横を通り、手が後ろにいったときに肩甲骨が少しでも寄るようなイメージだとOKです。より多くの筋肉が動いていることを感じましょう。

〇こんな時はカラダのメンテナンスをしよう!
慢性的な肩こりには、「時間をかけたケア」が必要です!
「痛み」がある人は、肩こり自体が大きなストレスになっています。ストレスから肩こり、肩こりがストレス…という悪循環を一気になくす必要があります!
不調がより強い人はもちろんメンテナンスを早めにすべきでしょうが、肩こりはそれを感じている時点で生活に悪影響を与えてきます。肩がこっていることに気を取られている時間が、あなたにとっての何よりのストレスになりますので、気になった時はどうぞご相談ください。

関連のある症状

  1. 【慢性疲労】謎の疲れを対策しよう!